お問合せ先

​のぶしのてらこや

​TEL:050-3707-4464

​​info@nobushinoterakoya.org

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

 ©のぶしのてらこや

​ごあいさつ

~人生は七転八起~

はじめまして、のぶしのてらこや代表理事の川崎純(かわさきじゅん)です。

大阪府生まれで東京都板橋区在住です。奥さんがいて、もうすぐ子供が生まれます。区民農園で野菜を育てるのが好きで、トマトやカボチャを育てています。体を動かすのが好きで、ジムに通っています。好きな食べ物はハンバーグのカレーライスで、よくパンを焼きます。

私自身、高校時代は落ちこぼれでした。席次はいつも下から3番目。偏差値も進学校に在籍していたくせに42と振るわず、担任からもクズ扱いされていました。そんな私だったので、当然大学受験に失敗しました。今考えると、「目標のための学習」ができていなかったように思えます。初めてそれができるようになったのが、留学を志すことになってからです。TOEFLのスコアを一定値まで上げるという目標ができたからこそ、そのための学習ができるようになりました。「目標のための学習」ができたからこそ、留学先で順調によい成績を修めることができでき、希望していたカリフォルニア大学サンタバーバラ校にも編入でき、最終的にはそこで学部長賞も得ることができました。

新卒のころはいわゆる就職氷河期で、新卒時に入った企業はいわゆるブラック企業で待遇面の悪さや違法な経営をしていたことからすぐに退職しました。その後働くことになった塾が有名な著書になった「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の舞台になった個別指導塾でした。大学院進学までの2年間で英語主任講師として勤め、個人に合った学習方法の基礎を学びました。ここで学んだ指導方法は、現在の私のベースになっています。

早稲田大学大学院で経済学(応用経済学、人的資源管理)の修士を取得した後、そこで出会った妻と結婚しました。塾以外の所謂一般的な仕事を経験したいと思い、営業職に就きましたがそこもブラック企業で、ここにいてもしょうがないと1年でやめてしまいました。その後、不況もあっていい仕事に恵まれず職場を転々とし、自分の力が発揮できないことに悶々としていました。

 

妻の海外赴任に帯同した後、今までの社会人経験を生徒に伝えたいと思い教育業界に復帰しました。その時に得た仕事が通信制高校での仕事で、入学希望者の窓口をしながら、英語やアメリカ史を教える仕事をしていました。通信制の高校ということで、通常の高校に合わない生徒が「入学したい」と門を叩くケースが多かったです。不登校生というのが多様な理由で不登校になることを知りました。不登校というとネガティブなイメージですが、ポジティブに学校に行かない道を選ぶ家庭もあることも知りました。彼らはホームスクーラーと呼ばれている人たちで、将来のために通常の学校ではできないユニークな学習を行っていました。ストーリーが生徒ごとにあったので、面談で話を聞くのがとても楽しみでした。

そんなホームスクーラーやその親御さんにも、学習にあたって問題を抱えていることを知りました。一言で言うと、「親以外の大人の相談相手がいない」ということです。確かに指導していて、生徒の親に感謝されていたことは、教えることよりも、相談相手になったことでした。そこで、ホームスクーラーの伴走者として彼らが社会にはばたくことをサポートできる塾はできないかと思い、「のぶしのてらこや」を立ち上げました。今後も立ち上げたことだけに満足せず、自己研鑽を重ねつつ、より一層、質の高いサービスを目指していきたいと思っております。
 

2019年 8月吉日

のぶしのてらこや

代表理事 川崎 純

​パブリシティ

​ブログです。平日ほぼ毎日更新しています。最新のブログはこちら

​ホームスクーラー向けの情報サイトです。ホームスクールに役立つ情報を掲載しています。

ホームスクールプラスα